ペットの健康を守りたい│犬でも肝臓病にかかるリスクが非常に高い

小さい柴犬

柴犬と特徴が同じである豆柴ですが、柴犬よりも小さいという特徴があります。体高は35センチほどの大きさで、毛は短いです。自立心や服従心などが強い性格であるため、番犬としても役立ちます。豆柴は、柴犬と同じように飼うことはできますが、体が小さいため注意が必要です。

飼い主とペット

愛犬をお迎えする前に

ミニチュアダックスは、独特の愛らしい体系で種類も豊富なため、犬の犬種の中でも注目されています。購入方法としては、ペットショップや里親団体などからお迎えすることが可能ですが、専門家であるブリーダーからお迎えする方法が安心できるとして人気です。

悪化しないようにする

動物病院

初期症状に気をつける

犬の肝臓はとても重要な役割を果たします。そのため、肝臓病には気をつけなければなりません。犬の肝臓は数えきれないほどの役割があり、その数は約1500種類ほどとなります。代表的な役割として、体の中の毒素を分解する、栄養素を分解したり貯蔵するといったものがあります。犬の肝臓病は、肝臓が炎症などを起こしてしまい、本来の機能を果たさなくなってしまうことです。犬の肝臓病は発見することが難しいため、常に注意する必要があります。肝臓病の初期症状には体調不良の症状が出ます。例えば、元気がなくなってしまう、食欲がなくなる、嘔吐する、体重が減るなどがあります。これらの症状は肝臓病以外でも起こる場合があるため、判断することが難しくなります。少しでも体調が悪いようであれば早めに病院へ行く必要があります。肝臓病を長い間放置していると、肝臓が毒素を分解しなくなってしまい、肝硬変という病気になる可能性があります。肝硬変は本来弾力のある肝臓が硬くなってしまうことです。犬の肝臓病を防ぐためには、食事に気をつけることが大切です。肝臓の細胞を再生させるためにタンパク質を摂取する必要があります。また、消化しやすい食事であれば安心です。栄養バランスのとれた食事を適切な量与えると良いです。食事療法以外にも、定期的な健康診断を受けることが大切です。犬の肝臓病は血液検査をすることによって発見することもあります。犬の肝臓病は放置せずに食事療法や健康診断で予防すると良いです。

犬

購入する方法もいろいろ

犬を購入するときには、ペットショップやブリーダー販売を利用される方も多いでしょう。しかし最近はネット販売を利用される方も増えています。きちんと手続きをすれば自分のお気に入りの子を購入できるので満足される方も多いようです。